横浜市金沢区の金沢八景駅前のおりも総合クリニック|総合診療(内科、発熱外来あり)

 総合内科、胃腸内科(消化器内科)、胃カメラ・大腸内視鏡、老年内科、小児科、発熱外来などの総合診療(プライマリ・ケア)クリニック

ホーム院長のブログ ≫ 大腸とうんちの関係…のうんちくです… ≫

大腸とうんちの関係…のうんちくです…

大腸イラスト.png小
横浜市金沢区 金沢八景駅前の おりも総合クリニック です。
我々は口から物を食べると、それが胃や小腸で消化され、最後は便となって肛門から排泄しますよね。食べたものがうんちになって排泄されるまでどのくらいの時間がかかるか知っていますか? 体調などにもよるので一概には言えないのですが、半日から2日間ほどと言われています。
では大腸はどんな役割をしているのでしょうか…?小腸(回腸)から回盲弁を経由してうんちの元になるものが運ばれてきたときは液状なのです。これが、横行結腸あたりで泥状になり、下行結腸などで水分がさらに吸収され、S上結腸で便として貯められたころに固形になるといわれています。
最近、感染性胃腸炎の患者さんが多いのですが、ウイルスなどで胃腸の働きが弱まると、大腸での水分の吸収ができなくなるため、水様便になってしまうのです。大腸は自律神経によって動きが制御されているので、過労やストレスなどでも便秘になったり下痢になったりします。日光浴したり、適度なお散歩をして腸の働きも整えてあげたいですね。
2022年06月17日 11:38

金沢八景駅前 徒歩1分

おりも総合クリニック

〒236-0027
神奈川県横浜市金沢区
瀬戸16-38
basara東信ビル2階

045-352-7225

診療時間:9時〜12時半
16時〜18時半
休診:金曜・土曜午後・日曜・祝日

医院概要

サブメニュー

モバイルサイト

おりも総合クリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら