横浜市金沢区の金沢八景駅前のおりも総合クリニック|総合診療(内科、発熱外来あり)

 総合内科、胃腸内科(消化器内科)、胃カメラ・大腸内視鏡、老年内科、小児科、発熱外来などの総合診療(プライマリ・ケア)クリニック

ホーム院長のブログ ≫ 新鮮だからこそ要注意…アニサキス症…生魚を食するときは... ≫

新鮮だからこそ要注意…アニサキス症…生魚を食するときは注意しましょう!

アニサキスイラスト
横浜市金沢区 金沢八景駅前の おりも総合クリニック です。
昨日の外来受診された方…土曜日の夜中から何となく気持ち悪くて吐いてしまう…でもお腹の痛みは訴えません。診察しても特段の大きな異常を認めないため、吐き気の原因を調べるため本日胃の内視鏡検査を行いました。結果は…胃の中に盛り上がった部位があり、そこが赤く炎症を起こしていて…そこに白い糸のようなものが首を突っ込んでいる…まさにアニサキス症でした。すぐに、鉗子にてアニサキスの摘出を行い、めでたし・めでたしなのですが…。
この方の場合は典型的な症状ではなかったのです。アニサキスという寄生虫にやられると、一般的には激烈な嘔吐が生魚を食してから数時間後に発現します。その痛みがなく、でも嘔吐だけが症状でした。今回はホウボウという魚の刺身を土曜日に食したとのこと…。
アニサキスは新鮮な魚を食する地域で多く発生します。私は以前は長く群馬県で仕事をしていたのですが、群馬県ではあまりお目にかからなかったのですが…ご当地に来てからは数多くのアニサキス症に出くわします。新鮮だからこそ生きているアニサキスを誤って食してしまう…加熱や冷凍をしっかりとすれば死んでしまう寄生虫なのですが、調理の時に目視で確認して取り除くことが大切です。
2022年06月14日 14:35

金沢八景駅前 徒歩1分

おりも総合クリニック

〒236-0027
神奈川県横浜市金沢区
瀬戸16-38
basara東信ビル2階

045-352-7225

診療時間:9時〜12時半
16時〜18時半
休診:金曜・土曜午後・日曜・祝日

医院概要

サブメニュー

モバイルサイト

おりも総合クリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら