横浜市金沢区の金沢八景駅前のおりも総合クリニック|総合診療(内科、発熱外来あり)

 総合内科、胃腸内科(消化器内科)、胃カメラ・大腸内視鏡、老年内科、小児科、発熱外来などの総合診療(プライマリ・ケア)クリニック

ホーム院長のブログ ≫ 国の方針と横浜市の対応の格差…被害を被るのは横浜市民です! ≫

国の方針と横浜市の対応の格差…被害を被るのは横浜市民です!

ワクチンイラスト
横浜市金沢区 金沢八景駅前のおりも総合クリニックです。
年明けから発熱外来の患者さんがとても多く、朝から夜まで診療をしているって感じです。また診療終了後には保健所登録用のデータ入力作業があり、21時を過ぎても帰路につけない日々…でも、発熱で心配している患者さんのことを思えば、私共の苦労など嘆いてはいけませんよね…。
しかし、今日は憤るやり取りが横浜市当局とありました。患者さんの多くは、マスコミや岸田総理の発言などもあり、早く第3回目のコロナワクチンを打ちたいと思うのは当然ですよね。また横浜市から接種券が届けば、いち早く当クリニックの窓口に駆け込みます。また横浜市もワクチン接種の予約入力などの整備もしていて、当クリニックにも予約を取るようにメールなどが来ます。当クリニックとしても患者さんたちの希望に沿うように、可能な限りの時間を費やしてでも接種をしようと思っているのですが…本日横浜市当局から届いたメールには雀の涙程度のワクチンしか供給されるめどが立たないとのこと。頭に来てすぐさま横浜市の担当部署に電話を入れたのですが…暖簾に腕押しというか、国から横浜市へのワクチンの供給がないのだからどうしようもない…の一点張り。ワクチンがないのに、一日100万人の接種を今月末までに達成する…などという政府にも問題がありますが、ワクチンの確保もできない横浜市は市民をあおるように接種券を送付しており、それを受け取った市民は我先にと接種を希望してクリニックなどに押しかけてくる…そして市民から怒られるのは我々クリニック側…そんな構図が少なからずあるのが現実です。
残念ながら、そんなわけで、当分コロナワクチン3回目の接種は広く募集をかけられないことになりました。ファイザー製でなくモデルナ製であれば3月末には手に入るとの情報も入ってきていますが、どこまで確かな情報かは不明です。いずれにせよ、当クリニックとしては地域の皆様のお役に立てるよう全力を尽くしますが、ワクチン入手だけは横浜市が頑張ってもらわないとだめだってこと、ご理解ください。
2022年02月09日 20:42

金沢八景駅前 徒歩1分

おりも総合クリニック

〒236-0027
神奈川県横浜市金沢区
瀬戸16-38
basara東信ビル2階

045-352-7225

診療時間:9時〜12時半
16時〜18時半
休診:金曜・土曜午後・日曜・祝日

医院概要

サブメニュー

モバイルサイト

おりも総合クリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら